This website uses cookies. By using the site you are agreeing to our Privacy Policy.

instax

@giulia.alfeo
みんなのための居場所をつくったロングボードダンサー

@giulia.alfeoはドイツ出身のロングボードダンサーです。彼女は様々な分野で培ったクリエイティビティを活かして、ロングボードのコミュニティづくりに取り組んでいます。

Giuliaのロングボードダンスのスタイルには、彼女自身のダンスの経験とデザインの知識が色濃く表れています。コミュニティの広がりとともに、彼女は様々な経験に基づく個性的なスタイルを持つロングボードダンサーたちを積極的に発信しています。

アーティストとしてあなたが伝えたいことは?あなたの作品に込められたメッセージは? アクションスポーツのイメージが強いロングボードダンスに、新たな視点をもたらすことです。音楽だったり、ヴォーグダンス、コンテンポラリーダンス、ヒップホップ、ロックダンスなどの様々なダンスの影響を受けています。その一方で、優雅な動きで、人の潜在意識に深く訴えるロングボードダンスの芸術性も探求しています。

何がきっかけだったのですか?刺激を受けた物事や人物は? 表現面では、子供の頃に習っていたフィギュアスケートとダンスがヒントになっていると思います。美術面では、デザインと写真を学んだ経験が大きいと思いますね。構成や造形、物語を伝えるときのアイデアの源になっています。

作品の制作過程においてinstaxはどのような役割を担っていますか? 他のスケーターや街の人、自然の写真を撮ることが、私のインスピレーションの源です。写真家や映像作家の方たちとお仕事をする時に、新しいアイデアを試してみるのが好きですね。

次のステップの計画はありますか?あるとしたら、それはどのようなものですか? 世界をもっと知りたいし、他の国々の文化についてもっと学びたいです。世界中のロングボードコミュニティの方たちと交流して、ロングボードダンスのスキルや捉え方を教え合えたら楽しそうですね。

この活動をしていて良かったと思う体験があれば教えてください。 人にロングボードダンスを教えている時ですね。ロングボードに初めて乗る人が、上達していくのを見るのが好きです。最近、ダンスに音楽を取り入れ始めたのですが、高度なスキルがなくても、ダンスと音楽さえあれば楽しめると気づく瞬間、みんな表情が輝くんです。その瞬間が好きですね。

Pagetop